葬儀場

川崎で葬儀を執り行う際に必要となる費用

喪服の男女

予算内で葬儀をあげるためには、総額を意識しておくことが大切です。川崎でお葬式をあげる時、安い料金を売りにしている葬儀業者を選んでおけば、手頃な価格でお通夜やお葬式をすることができると考える人もいるでしょう。しかし、川崎の葬儀でかかる料金は、業者に支払う料金のみではありません。

川崎で仏式の葬儀をあげる場合は、お坊さんにお経を唱えて貰うためのお布施や戒名料なども必要となります。こうした料金は、葬儀社に支払う料金とは別に用意をする必要があります。そしてもう一つ、別に用意しておかなければいけないのが、お通夜の際の接待飲食代です。お通夜に参列をしてくれた人に振る舞う食事やお酒などの代金は、参列者の人数によって大きく変わることになります。手頃な料金の家族葬を選んだ場合でも、お通夜の参列者が増えれば、その分飲食接待費も増えていきます。そのため、川崎で葬儀をあげる際には、葬儀社に支払う料金だけでなく、寺院に支払う費用や接待飲食費がいくら必要になるかまで考えておくことが大切です。川崎の葬儀社と打ち合わせをする時には、希望する規模での葬儀をあげた場合、総額はどの程度になるかまでしっかりと確認をしておくことがおすすめです。

喪服の男女

川崎で葬儀を執り行う際に必要となる費用

予算内で葬儀をあげるためには、総額を意識しておくことが大切です。川崎でお葬式をあげる時、安い料金を売りにしている葬儀業者を選んでおけば、手頃な価格でお通夜やお葬式をすることができると考える人もい…

read more
並んだろうそく

川崎で葬儀の予約をするタイミングは

川崎でも増えてきているのが、生前予約ができる葬儀社です。生きている間に葬儀に関する相談を行い、予約しておくことで故人の希望に沿った葬儀を行うことができます。そんな生前予約は、遺された家族に金銭的…

read more
通夜振る舞い

川崎の葬儀でも主流となっている家族葬の特徴は

川崎でも増えてきている葬儀スタイルが、家族や親族など近しい人のみで行う家族葬です。家族葬の特徴は、一般葬と比べて安く葬儀を行えること、さらに参列者の調整ができることです。誰でも参…

read more
提灯

川崎で葬儀をあげる前には六曜の確認を

川崎で葬儀を行う前に、確認をしておいて損がないのが六曜です。六曜の一つ、友引には「凶事には凶の日」という意味があり、この日に葬儀を行えば親しい人も連れていかれるという考え方があります。そのため、…

read more