葬儀場

川崎で葬儀をあげる前には六曜の確認を

提灯

川崎で葬儀を行う前に、確認をしておいて損がないのが六曜です。六曜の一つ、友引には「凶事には凶の日」という意味があり、この日に葬儀を行えば親しい人も連れていかれるという考え方があります。そのため、葬儀や火葬は友引の日を避けて行われる形が一般的です。川崎でも、友引の日には火葬を行わない火葬場もあるため、葬儀をあげたいと考えている日が友引となる場合は、他の日に葬儀を執り行うことを考えておく方が良いでしょう。ただ、友引の日が定休日となっている火葬場を利用する場合、友引の翌日は、友引明けとなり混み合う可能性が高くなります。申し込みのタイミングによっては、友引明けの日でも、スムーズに葬儀を行えることもあるでしょう。ただ、友引明けは通常よりもさらに火葬場が混み合いやすいということを考えた上で、川崎の葬儀社と相談をすることが大切です。

お通夜は亡くなった翌日の夜に、そして葬儀はその翌日に行うことが大切と考える人もいるでしょう。しかし、亡くなった翌々日が友引となる場合は、火葬場のなどの関係で葬儀のスケジュールを調整しなければいけない可能性があることを考えておく方が良いでしょう。それだけに、カレンダーを見て友引が近いと感じたら、その時点で葬儀社と最適なスケジュールについて話し合いを始めておくことがおすすめです。

喪服の男女

川崎で葬儀を執り行う際に必要となる費用

予算内で葬儀をあげるためには、総額を意識しておくことが大切です。川崎でお葬式をあげる時、安い料金を売りにしている葬儀業者を選んでおけば、手頃な価格でお通夜やお葬式をすることができると考える人もい…

read more
並んだろうそく

川崎で葬儀の予約をするタイミングは

川崎でも増えてきているのが、生前予約ができる葬儀社です。生きている間に葬儀に関する相談を行い、予約しておくことで故人の希望に沿った葬儀を行うことができます。そんな生前予約は、遺された家族に金銭的…

read more
通夜振る舞い

川崎の葬儀でも主流となっている家族葬の特徴は

川崎でも増えてきている葬儀スタイルが、家族や親族など近しい人のみで行う家族葬です。家族葬の特徴は、一般葬と比べて安く葬儀を行えること、さらに参列者の調整ができることです。誰でも参…

read more
提灯

川崎で葬儀をあげる前には六曜の確認を

川崎で葬儀を行う前に、確認をしておいて損がないのが六曜です。六曜の一つ、友引には「凶事には凶の日」という意味があり、この日に葬儀を行えば親しい人も連れていかれるという考え方があります。そのため、…

read more